SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

iPhone向け動画広告の認知率、バナー広告の1.7倍

 電通とディーツー コミュニケーションズは、昨年9月下旬に、iPhone向けの動画広告に関する調査を実施し、15歳以上の男女のiPhoneユーザーから224件の回答を得た。調査は、グーグルが提供するiPhoneアプリのアドネットワーク「AdMob」上に1か月間掲出したバナー広告、およびそのバナー広告をクリック(タップ)すると起動する動画広告に関して行われた。

調査対象キャンペーンのiPhone向け動画広告の仕様

 今回の調査でバナー広告、動画広告それぞれの認知状況を確認したところ、調査対象者の中で「確かにみた」という強い想起を示したのは、バナー広告では8.9%、動画広告は14.7%。今回の訴求内容である「新車の購入プラン」を認知している人は、動画広告認知者では71.4%、バナー広告認知者では60.6%、広告非認知者では47.7%となった。

バナー広告と動画広告の認知状況

 広告を見た後に行った行動について聞いたところ、動画広告認知者の約4割が、サイト閲覧や検索などなんらかの行動を起こしているのに対し、バナー広告認知者で、なんらかの行動を起こした比率は1割弱となった。このことから、バナー広告+動画広告とすることで、より高い態度変容効果が期待できるとしている。また、調査実施時に、広告非認知者に動画広告素材を閲覧させた上で、「新車の購入プラン」についての理解度を聞いたところ、訴求内容を理解した人は9割弱に達している。

【関連記事】
産経新聞iPhone版、30分以上かけて“じっくり読む”派が4割、広告タップ率は67.2%
Androidユーザーは、アプリ内広告にポジティブ
著名人ブロガーが出演する動画広告商品「Ameba スポット」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/21 16:20 https://markezine.jp/article/detail/13409

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング