SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

自分の位置情報を提供しても安心なGPSサービスは?

 アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は3月に、全国の12~49歳の男女各400名を対象に電車の社内での過ごし方についてのアンケート調査を行った。電車での移動中に「携帯電話、スマートフォンを利用」している人は88.4%で、メールの読み書きやウェブの閲覧、乗換案内を利用している人が多い。

電車の移動時間をどのように活用しているか (n=800)

 携帯電話やスマートフォンの「位置情報(GPS)」を使ったGPS連動機能やアプリケーションについても、約半数(50.4%)が「週1回以上利用する」、86.3%が「月1回以上利用する」と回答しており、ほとんどの人が何らかのGPSサービスを利用し始めていることが明らかになった。利用しているGPSサービスで人気が高いのは、「地図情報」「天気情報」で、「店舗情報・クーポン情報」が続いている。

携帯電話の位置情報(GPS)を活用したサービスでは
どのようなサービスを利用するか (n=800)

 GPSサービスは、自分の「位置情報」をサービス運営者に提供する場合があるが、そのときに安心感があるのは「大手企業や自治体が提供している」「サービス名が有名」の2つに回答が集中した。

【関連記事】
GPSの誤差1メートル、準天頂衛星初号機「みちびき」の実証実験
KDDIとコロプラ、「位置ゲー」サービスで提携
グーグル、位置情報を指定する機能をより使いやすく

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング