SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ツイッター、アプリのユーザーアカウントへのアクセスに対する認証機能を強化

 ツイッターのサードパーティアプリは、ユーザーのツイッターアカウントへのアクセスをアプリに許可する、というユーザー自身によるアプリへの認証プロセスを経て実現している。ツイッター社は今回、この認証プロセスにおいて、より明示的な選択肢をユーザーに提供するための重要なアップデートを行った。

 これによって、ダイレクトメッセージへのアクセス権を必要とするアプリは、すでに認証済みであっても、再度ユーザーに認証を要求することになる。そして、ダイレクトメッセージへのアクセス権を必要としないアプリは、今月末までにその権限を持たなくなる(ユーザーはアプリを利用し続けることが可能)。

 また、最初にアプリをツイッターに連携させる際、ユーザーのツイッターアカウントへのアクセスについて、アプリに許可しようとしている認証情報の詳細について表示する。たとえば、ツイートの読み込み、フォローしているユーザー情報の閲覧、プロフィール情報の更新など、アプリが要望するアクセスレベルについて、ユーザーが納得できない場合は、アプリの認証ページで「いいえ、結構です」をクリックして認証を拒否することができる。

 ユーザーが過去に認証を許可したアプリ一覧や、アプリの認証へ変更を加えたい場合は、ツイッターににログインした上でアプリ連携で確認することができる。

【関連記事】
レディ・ガガ、ツイッターのフォロワー数が1000万人突破
ドコモが米ツイッター社と提携、携帯&スマホ向けサービスを開発
KDDI、フェイスブックと機能連動で合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/05/19 11:55 https://markezine.jp/article/detail/13792

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング