SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

brightcove PLAY 2011レポート

もはや、CMSでは時代遅れ
スマートデバイス時代に即したコンテンツ管理・配信・収益化の在り方

 Brightcove PLAY 2011 で Planning Integrated Video Initiatives for Native Apps & the Mobile Web(モバイルアプリ&モバイルウェブ時代の動画コンテンツ戦略 と題したパネルが開催され、USの大手放送局であるA&Eテレビジョンネットワーク(以下、A&E)のネイサン・ポッター氏とBrightcove Inc. CTO ボブ・メイソン氏が登壇し、急成長するモバイルユーザーへのコンテンツの提供とその戦略についてA&Eの事例を交えながら意見交換がなされた。(バックナンバーはこちら)

スマートフォン、タブレット端末からのアクセスがPCを超える日は近い

 まず、Brightcove CTOのボブ・メイソン氏が登壇し、急成長するモバイルマーケットのセグメントとコンテンツ提供者の課題について紹介された。

 ボブ・メイソン氏によると「モバイルデバイスからFacebookを利用しているアクティブユーザーの数は2億5千万人に到達している」という。また、2015年にはユーザーの購入するアプリの総額は380億ドルに達するという見込みだ。

 これはスマートフォンデバイスの普及だけではなく、そこで提供されるコンテンツの影響もありデバイスの普及が加速していく関係にあることを示唆している。

 また、ガートナーによると、2011年にはスマートフォン、タブレット端末といった「スマートデバイス」を通じて、モバイル環境でインターネットにアクセスするユーザー数がPCでインターネットにアクセスするユーザー数を超える、というリサーチ結果も出ている。

スマートフォンとタブレットの出荷台数予測 出典:Forrester Research Feb. 2011
スマートフォンとタブレットの出荷台数予測 出典:Forrester Research Feb. 2011

 このようなインターネット環境の変化の中、ユーザーはどのデバイスでも同じコンテンツにアクセスできることを最も期待している状況だ。つまり、コンテンツ提供者は、インターネットを通じてコンテンツを提供する際にはマルチデバイスを無視することが出来ないという状況が目前に迫っていると言える。

 「マルチデバイスにコンテンツを提供することが出来ないサイトでは、ユーザーの利便性が損なわれ結果、サイト自体の存在感や収益も落ちていく傾向になるのではないでしょうか」とメイソン氏は問いかけた。

 一方、モバイルデバイスの多様化、断片化はとどまるところがなく、どれか1つのプラットフォームに対応するだけでは十分ではない。

IDCが予想した2015年のスマートフォンマーケットシェア
IDCが予想した2015年のスマートフォンマーケットシェア

 また、コンテンツの提供方法も複雑になっている。あるデバイスのみに対応したネイティブアプリでの提供では、各プラットフォームごとに開発が必要なのは明白だ。また、モバイルウェブと呼ばれる、モバイル専用のウェブサイトにもコンテンツを提供するといった場合はさらに複雑になる。

 「このように複雑化する中、モバイルデバイスの環境と切っても切り離せなくないキーワードが『ソーシャル』と『ローカル』です」とメイソン氏は語った。

 このメイソン氏のコメントに対し、A&Eのネイサン・ポッター氏も同意する。

 「様々なデバイスやOSによる断片化が広まる中、一人でも多くのユーザーにリーチすることはこれまで以上に重要なビジネスゴールになりつつあるだけでなく、台頭するデバイスに素早く対応することが求められています」(A&Eのネイサン・ポッター氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
CMSは時代遅れ、アプリ化を前提としたコンテンツ管理・配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
brightcove PLAY 2011レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/13924

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング