SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイファーム・ドコモ・NEC、東日本大震災による塩害を受けた農地の復興支援で業務提携

 東日本大震災の影響の津波による塩害によって、東北地方の太平洋沿岸の多くの農地では耕作ができない状態となっている。マイファーム、NTTドコモ、NECの3社は、マイファームの有する塩害除去技術と、ドコモやNECが有する各種センサー活用のノウハウを組み合わせて、塩害を受けた農地の復興を支援する。

塩害を受けた農地への観測センサーの設置イメージ
塩害を受けた農地への観測センサーの設置イメージ

 マイファームは、新開発の塩害土壌改良材(塩分を除去する微生物と土壌改良材を配合した天然の土壌改良材)を使って、支援する東北の農家の農地再生を行う。ドコモとNECは、支援農地にセンサーを設置。各センサーは降雨量や土壌の塩分濃度などを計測し、土壌改良材の効果測定を行う。測定されたデータは、改良材の販売時に塩害を受けた農場にデータを無償提供される。

【関連記事】
東日本大震災関連倒産、阪神大震災の3倍に
震災後の電力不足で「ライフスタイルに変化」7割
地震発生時に「役に立った」、ツイッター79%、フェイスブック62%
ドコモ、スマートフォンを使った調剤情報提供の試験サービス
ネットを利用したレンタル農園「BIGLOBEファーム」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング