MarkeZine(マーケジン)

記事種別

iPhoneを選んだ理由1位は「それがiPhoneだから」
【スマートフォンに関する調査】

2011/10/25 11:55

 NTTアドは今年の8月上旬に、首都圏在住の20~69歳男女500名を対象に、スマートフォンについての調査を実施した。スマートフォン所有率は全体で18.8%で、男性30~40代の所有率が3割超と全体よりも高い傾向にある。所有機種は、iPhoneが41.5%、iPhone以外の端末が58.5%となった。

あなたは、「スマートフォン」を持っていますか
あなたは、「スマートフォン」を持っていますか

 スマートフォンを購入するときに重視する点について、iPhone所有者では「iPhoneである」をあげた人が76.9%と最も高く、iPhone以外の所有者では「アンドロイドを採用している」が47.3%。いずれの機種ともOSが購入の決め手となっている。また、満足している点についても、iPhone所有者は「iPhoneである」が61.5%と突出して高く、iPhone以外の所有者では「端末のデザインがよい」が41.3%で最も高くなっている。

 スマートフォンの所有意向率は50.4%で、中でも男性20~40代の所有意向率が約7割と高くなっている。所有意向機種は、iPhoneが23.0%、iPhone以外の端末が77.0%となっている。

あなたは、今後「スマートフォン」を利用したいと思いますか
あなたは、今後「スマートフォン」を利用したいと思いますか

 米国では先日亡くなったアップルCEOスティーブ・ジョブズ氏の伝記が発売され、「アップル」というブランドの神話が人々に深い印象を与えている。日本ではiPhone 4SがソフトバンクモバイルとKDDIから発売された一方、ドコモは多様な機種・通信サービスをAndroid向けに展開し、11月には最新OS「Android 4.0」を搭載したスマートフォンを発売する。ますます激化する競争のなかで、利用者の選択が注目される。

【関連記事】
スマホのOS「わからない」、女性ユーザーの4割
iPhone 4S、発売3日で400万台突破
「Android 4.0」搭載スマートフォン、ドコモから11月発売
スマホゲーム市場、2015年には30倍の2550億円市場に
スマホ所有率4割超、現在使用している製品はダントツで「iPhone」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5