SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

社会保険庁のホームページ利用者数が急増、官公庁トップの225万人に

 ネット視聴率調査会社ネットレイティングスが発表した、2007年6月度のインターネット利用動向調査によると、年金記録問題で注目を集める社会保険庁のホームページの利用者数が前年同月比約5.7倍の225万人に急増。通常、官公庁のホームページで上位をしめるのは、国土交通省(168万人)や厚生労働省(133万人)だが、それらを抜いて1位となった。

 しかし、意外にも今回の年金記録問題に関する文書や広報資料を集めた特設ページの利用は44万人にとどまり、最も利用者を集めたのは、ホームページ上で年齢や加入期間を入力することにより年金見込額の簡易試算ができるサービスで、97万人が利用。また、ホームページで自分の年金加入記録を確認する手続きに必要なID、パスワード発行申請や実際の加入記録閲覧を行うページにも87万人が訪れたという。

 7月17日の社会保険庁の発表によれば、6月のID、パスワードの申請数は50万5836件で過去最高を記録。また利用者の年齢構成比を見ると、40歳代が最も多く(34.2%)、次いで30歳代(25.9%)、50 歳代(21.9%)の順。インターネット利用者全体に占める「40歳以上」の比率は半数以下だが、同庁のホームページ利用者では全体の7割近くを占めていたという。一方、若年層の関心は低く、20 代以下の利用者はわずか5.2%にとどまっている。

プレスリリース:「社会保険庁ホームページの利用者数が、官公庁トップの225 万人に」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/19 17:17 https://markezine.jp/article/detail/1483

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング