SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

キネマ旬報、自分の映画鑑賞傾向をグラフ化できる
映画ライフログサービス「KINENOTE」

 「KINENOTE」は、自分が観た映画の記録をつけられるサービス。いつ、どこで、誰と映画を観たのかを記録するだけでなく、鑑賞本数、時間、ジャンル、月・年ごとにグラフで統計化することができる。キネマ旬報社の日本最大級の映画データベースと連動し、ランキングやレコメンド機能も搭載している。 

 まず、PC向けのウェブサイトを公開し、今後はiPhoneアプリ、タブレット端末向けアプリ、テレビ向けのアプリを順次リリースする。

【関連記事】
ぴあ「映画欄」が無料の電子書籍として復活
映画とドラマが1480円で見放題、米Huluが日本上陸
キネマ旬報社、電子書籍事業を本格展開
ミュージシャンのためのHP作成サービス「FANIC」
「美術手帖」がピクシブとチームラボを特集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング