SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷、「Evernote」と組み合わせた展示会や店頭での資料配布サービスを開発

 凸版印刷は、O2Oプロモーションシステム「LinkPlace」をパーソナル・クラウド・サービス「Evernote」と組み合わせ、展示会や店頭での資料配布用途に拡張した新サービス「LinkPlace for Exhibition」を開発した。2012年8月下旬より提供を開始する。

 「LinkPlace for Exhibition」は、展示会や店頭で配布されている資料データを手軽に入手できるようにするサービス。展示会の来場者は、事前参加登録の際に「Evernote」のアカウント情報を登録。当日、展示会場の受付で自身のアカウント情報が記録されたICタグを受け取り、そのICタグを展示会場のブースや商品近くにリーダとして設置されたNFV搭載デバイスにかざすと、「Evernote」に展示概要や商品概要などの資料データが届く。

 本サービスを活用することで、来場者は、展示会場で配布される重い資料を持ち帰る必要がなくなり、携帯電話やスマートデバイス、PCから「Evernote」にアクセスするだけで、いつでもどこからでも内容を確認でき、出展企業や団体が展示会で配布する資料のペーパーレス化を実現。また、展示会の事前参加登録の際に入力される氏名や住所などの情報を基に、来場者にダイレクトメールやカタログを送信するといったプロモーションの負荷を削減できる。

 「Evernote」とは米国Evernote Corporationが提供するパーソナル・クラウド・サービス。テキストメモやWebページのクリッピング、音声ファイル、写真・画像データをクラウド上に保存し、携帯電話やスマートデバイス、PCなどの様々な機器から、保存した情報にいつでもアクセスして活用することができる。

【関連記事】
DropboxとEvernote、国内の月間利用者数が50万人突破
Evernoteユーザー数、昨年1年間で200万人から600万人にジャンプアップ
「Evernoteは人間の脳を拡張したサービスと言える」 米国発の急成長サービス、日本語版スタート
クラウド型消費者分析サービス「ぺるそね」 最新データで3万人の消費行動をデータマイニング可能に
グーグル、個人が手軽に利用できるクラウドサービス「Googleドライブ」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/08/21 11:23 https://markezine.jp/article/detail/16217

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング