MarkeZine(マーケジン)

記事種別

店頭で品定めしてネットで安く購入、広がる「ショールーミング」【DNP調査】

2012/08/23 12:10

 大日本印刷(DNP)が発行したメディアバリューレポート「家電製品の購入プロセス」では、ネット通販の急拡大に直面する家電業界を取り上げている。商品の最安値をインターネットで確認することが可能になるなか、米国では店頭で品定めをしてネットで安く購入する「ショールーミング(showrooming)」が話題となっている。

 これまで値下げと店舗拡大を競ってきた日本の家電量販店にも、店頭とネットを組み合わせた販売活動を展開するなど、チェーンによって販売戦略の違いが出てきている。今回は、ネットショッピングやカタログ通販などを利用して家電製品を購入する「ネット・通販活用層」に注目し、家電製品の購入プロセスとメディア利用実態を調査・分析している。

家電製品に対する意識
家電製品に対する意識

 その結果、「ネット・通販活用層」は、単に低価格で購入するためにネットを活用しているだけではなく、家電製品への関心や支出意欲が高く、新製品の情報に敏感で、常にアンテナを張っている。また、ショッピングサイトやメーカーサイト、SNSなどネット上の情報をはじめとして、幅広く情報収集して商品を吟味しているが、購入にあたっては「店頭購入層」と同様に、店頭に足を運び、店員から受ける情報が購入を決める最終決定要因となっている。

家電製品の購入プロセスで参考にされる情報源
家電製品の購入プロセスで参考にされる情報源

 ネットショッピングがさらに定着していく中、国内の生活者の購買行動でも「ショールーミング」が広がると予想される。今後、家電量販店などの店員は、ネット上で得た多様な情報を総合的に判断してくれる相談相手としての役割や、店員のみが知る情報や専門知識を教えてくれるアドバイザーとしての役割を担うなど、生活者と良好な関係をいかにして構築するかが求められていると同レポートでは分析している。

【関連記事】
マクロミル、ネットスーパーの価格比較サービス
アマゾン、価格比較アプリの利用で5%オフ
チェックインでポイントがたまる「スマポ」、大阪・首都圏郊外に拡大
ヤフーとクレディセゾン、池袋でO2O実証実験
JCB、完全成果報酬型&店舗オペレーション不要な送客スキームを活用したO2O施策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5