SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C、サイト・アプリを一元管理できる広告効果測定ソリューションツール「ART」提供開始

 D2Cは、広告効果測定ソリューションツール「ART(アート/Advertising Response Tracking)」を開発し、10月15日より、D2Cの100%子会社であるD2C Rが提供を開始した。

 近年、アプリ・Webを活用した広告プロモーションにおいては、複数のデバイス、メディアに出稿することが一般的で、また、同一サイト内でも純広告やリワード広告、アドネットワーク枠、リスティング広告など、広告の種類やクリエイティブが多様化している。広告主は、出稿に伴うオペレーションの効率化や計測データの管理が課題となっている。

 「ART」は、複数のサイトやアプリの広告計測を効率化し、1媒体に限定しない多角的かつ多様な切り口での広告効果測定を行う広告効果測定ソリューションツール。スマートフォン、フィーチャーフォン、PC等向けにマルチデバイスで展開する広告出稿に対応し、ワンタグやワンSDKでメディアの効果測定が可能。また、「LINE フリーコイン」「nend」「i-mobile」などのリワード広告、アドネットワーク広告と連携しており、幅広い広告メディアの効果測定ができる。そして、流入経路別のユーザのアクション計測をすることで、月別・日別・時間別のインストールやアクションなどのLTV計測などの把握も可能。

【関連記事】
D2C、モバイルマーケティングの総合オピニオンサイト「D2Cスマイル」開設
D2C、タイ・MCFIVA社と資本業務提携~アジア地域におけるの事業展開強化へ
携帯電話で音楽を聞いている女性は4割以上【D2C調査】
D2C、成果報酬型広告などを扱う子会社「D2C R」設立
D2C、ドコモ「dメニュー」トップページ最上部ディスプレイ広告配信開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング