SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

話題のホット炭酸飲料、30代以上のミドルエイジに好評か
ツイート分析で読み解く新商品への反響

 今秋、日本コカ・コーラとキリンビバレッジはホット炭酸飲料「カナダドライホットジンジャーエール」(日本コカ・コーラ)と「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」(キリンビバレッジ)を発売した。炭酸飲料は冷たい飲み物という印象があるが、これらの商品がツイッター上でどのような反響を得たのか、プラスアルファ・コンサルティングは同社が運営するトレンド発見型まとめサイト「ミシェル!」で分析結果を発表した。

 発売後からの累積と発売前後1週間のツイート数をカウントしたところ、日本コカコーラの「ホットジンジャーエール」(75,445件/2,446件)、「キリンの泡」(4,075件/166件)となり、圧倒的に「ホットジンジャーエール」へのツイート数が多かった。

 それぞれの発売日は「ホットジンジャーエール」(2013年10月21日)、「キリンの泡」(2013年11月5日)であり、発売日が早かったことが早期の話題づくりやツイート数増加に寄与したのかもしれない。

日本コカ・コーラ「ホットジンジャー」
キリンビバレッジ「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」

 またそれぞれの商品の評判を見てみると、共通して30代以上のミドルエイジに好評のようだ。両商品は大人向けとうたっていることからも、想定していたターゲット層にうまく受け入れられているようだ。

【分析条件】
収集期間:2013年10月12日~2013年12月5日
収集条件:ホット炭酸、ホットジンジャー、キリンの泡を含むツイート
収集件数:104,244件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング