SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Francfranc」を展開するバルス、セブン&アイと資本・業務提携

 バルスは、「Francfranc」「BALS TOKYO」「J-PERIOD」など、ファッショナブルなインテリア・雑貨小売販売事業を展開している。今回の業務提携では、セブン&アイグループ傘下の西武百貨店、そごうおよびイトーヨーカ堂が運営するショッピングセンター、アリオなどへの「Francfranc」の出店や、ロフトとの共同出店などを通じ、双方店舗への来店誘致を図る。また、セブン&アイ・ホールディングスがグループを挙げて推進するEC事業「オムニチャネル」分野との連携も推進する。また、両社は、共同開発による雑貨関連商品などを双方の店舗で販売する。

 資本提携では、バルスが第三者割当増資により新株式(普通株式)19,286 株を発行し、セブン&アイ・ホールディングスがそれらをすべて引き受ける。バルス株式の所有割合は、BALS INTERNATIONAL LIMITED 70.00%(増資前 100.00%)、セブン&アイ・ホールディングス 30.00%。また、セブン&アイ・ホールディングスはバルス親会社であるBALS INTERNATIONAL LIMITEDの普通株式1億2207万5279 株(所有割合 26.67%)を三菱商事株式会社より取得。これらによって、セブン&アイ・ホールディングスの当社に対する所有割合(間接保有を含む)は 48.67%となる。

 バルスは、グローバル展開を推進するためMBOを実施し、2012年1月に非公開化。2013年1月期には、BALS INTERNATIONAL LIMITED を持ち株会社としたグループ再編が完了し、現在、国内外でのより発展的な事業展開を実行していくため新たな体制づくりを推進している。

【関連記事】
セブン&アイ、バーニーズジャパン株式の約半数を取得
セブン&アイ、ニッセンを126億円で買収
インテリア写真共有サービス「RoomClip」運営のトンネル、1億円の資金調達実施
拡大する国内ファッション・インテリア・雑貨EC市場、2012年度は7,020億円の見込み
mixi×JFRグループ、熱量の高いO2O企画「Xmas BINGO PARTY」が2週間で10万送客

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング