SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本コロムビア、コンテンツ配信会社フェイスの子会社に

 日本コロムビアは、明治43年(1910年)、日本蓄音器商会として発足。1946年に社名を「日本コロムビア」に変更したのち、2002年に「コロムビアミュージックエンタテインメント」となり、創立100周年を迎えた2010年、再び社名を「日本コロムビア」へと戻している。

 一方、1992に京都市に設立されたフェイスは、携帯電話の「着信メロディ」を考案・実用化したほか、動画・音楽・ゲームや医療・健康情報などの配信事業を国内外で行っている。また、フェイスは今年1月、音楽ソーシャルメディア「OKMusic」を展開するオーケーライフの株式を取得し、筆頭株主となった。2003年にはウェブマネーをグループ化し、電子マネー事業に進出。2011年に同社の全株式をKDDIに売却している。

 フェイスは2010年、日本コロムビアの株式を取得して同社をグループに迎え入れたのち、2014年2月から3月にかけて、日本コロムビアの普通株式の公開買付を実施し、18億6400万円で239万378 株を取得。既に保有している株式と合わせて、議決権ベースで発行済株式総数の過半数を得たことから、3月26日付でコロムビアはフェイスの連結子会社となる。

 今後、両者は音楽に関わるさまざまな事業領域で連携し、次世代アーティスト育成・開発の新モデルの構築などを行い、市場環境に適合したビジネスモデルを日本だけでなくグローバルに展開する。

【関連記事】
1か月に音楽にかける金額は?約6割が1,000円未満と回答
フェイス、音楽ソーシャルメディア「OKMusic」と資本・業務提携
Spotify、メキシコ・香港・マレーシア・シンガポールに進出
聴き放題の定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」発表
レコチョク、スマホ向けにJ-POP中心の定額聴き放題サービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/19499

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング