SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

ネットショップ店長が知っておきたい、クレジットカード不正利用防止3つの対策


 ネットショップが最低限おさえておきたい、カードセキュリティのポイントについて解説します。

カード情報漏えい・不正利用を防ぐために

 ネットショップにおいては、カード番号と有効期限を入力するだけで決済が可能なため、運営者にとってもユーザーにとってもとても便利です。しかし逆に考えれば、この情報が手に入れば、誰でも不正利用できるわけです。

 不正利用が行われた場合、カード会社や決済処理事業者は守ってくれない場合もあり、その被害金額をネットショップが被るケースも少なくありません。

 現在、EC全体におけるクレジットカード不正使用被害発生率は0.2~0.3%と言われています。防ぐためにはどうしたらいいのか。具体的な3つの対策を見ていきましょう。

対策1:リンク型決済サービス導入(カード情報を持たない)

 多くのネットショップが、決済処理事業者が提供するサービスを利用していると思います。そのサービスは「モジュール型」、「リンク型」の2つに大きく分けられます。

モジュール型:ワンクリック決済や履歴に応じたマーケティングをしたい大手向け

 モジュール型は、ネットショップのサーバ内に決済のモジュールを組み込み、利用者が入力したクレジットカード情報の伝送、処理、保存を加盟店側で行う仕組みです。つまり、ネットショップが自社でカード情報を保持することになります。

 大手ショッピングモールなどでは、ユーザーがクレジットカード番号、有効期限、パスワードなどを事前に入力し、次回以降はパスワードのみでログインできるワンクリック決済が主流になっていますが、その場合、カード会員情報を自社で保持するシステムは有効です。また、カードの利用履歴に応じたメール配信やWeb画面のカスタマイズが可能であり、大手ネットショップの多くが採用しています。

Amazonのワンクリック決済
AmazonのKindle版購入は最短のワンクリック決済

 しかし、昨今では、自社のサーバに保管されたクレジットカード情報が漏えいしてしまうケースも見受けられます。そのため、モジュール型を採用する企業でも、決済完了後にクレジットカード情報を決済処理事業者に委託するケースが増えています。

 ただし、クレジットカード情報の伝送や処理はネットショップ側で行われるため、カード情報漏えいのリスクはゼロではありません。また、決済処理事業者へのデータ処理委託料が必要になる場合もあります。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

TIプランニング代表取締役 池谷 貴(イケタニ タカシ)

編集などの仕事を経て、カード業界誌の版元において、雑誌編集、プランニング、セミナー、展示会などの運営に携わる。電子決済、PCI DSS/カードセキュリティ、ICカード、ICタグなどのガイドブック制作を統括。2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD(ペイメントワールド)」などのサービスを手掛けるTIプランニングを設立した。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/11 20:27 https://markezine.jp/article/detail/21186

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング