SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」を採用

 エクスペリアンジャパンは、同社が提供する消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」を、ヤフーがサイトユーザーへの適切なコンテンツ提供に向けた属性分析のために、正式に採用したことを発表した。

 「Experian Mosaic Japan」は、国勢調査や年収階級別推計世帯数、消費者購買行動データなどをベースに、ジオデモグラフィック分析手法によって居住地における近隣の人々のタイプや生活スタイルで分類したデータを提供している。日本市場向けの最新バージョンは、2010年度(平成22年)国勢調査を採用し、新たなデータソースとして、所有している車のタイプや金融商品、オンライン利用状況、震災や原発事故の影響も要素として含まれており、日本の全町丁目レベルで14グループ、52タイプ、220のセグメントに分類されている。

 ヤフーは、サイト利用者に最適なコンテンツ(メール送信やバナー表示などを含む)を提供するために、Yahoo! JAPAN上の行動を基に、ユーザーの興味・関心を判断している。しかしながら、サイト上の行動が少ないユーザーに対しては、データが少ないため判断が難しく、またこれらの情報だけでは、ユーザーが置かれているライフステージを推定することが難しい状況にあった。同社は「Experian Mosaic Japan」を導入することで、Yahoo! JAPAN IDの登録郵便番号をもとに、ライフステージや世帯特徴の情報を掛け合わせ、補完的な役割を果たすデータとして活用していく予定。

【関連記事】
ライフスタイルx時間帯別人口情報「Experian Mosaicモバイル空間統計レポート」リリース
科学警察研究所、犯罪予防に向けた地域特性研究を目的に「Experian Mosaic Japan」導入
WEBサイト年間集客ランキング、前年に続き1位はヤフー/NAVERまとめは10位に大躍進
ヤフー、統計データを用いた「阪神・淡路大震災」の“記憶”と“記録”を未来へ繋げる企画を実施
ヤフー、ツイートを解析して公式情報よりも早く電車の運行状況を伝える「遅延なう」機能を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/21 11:30 https://markezine.jp/article/detail/21776

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング