SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

adingo、Google運営の「DoubleClick Ad Exchange」を提供開始

 adingoは、Googleが運営するアドエクスチェンジ「DoubleClick Ad Exchange」の取り扱いを開始した。同アドエクスチェンジを導入した媒体社は、優先取引やプライベートオークションなどを利用した収益性の向上や、透明性の高い広告管理が可能となる。なお、導入から運用まではadingoの専属コンサルタントが支援する。

 「DoubleClick Ad Exchange」はGoogleが運営する、オンラインディスプレイ広告の在庫を管理するためプラットフォーム。現在、限られたプレミアムなメディアを対象にサービスが提供されている。同サービスの収益管理プラットフォームを利用すると、複数のネットワークを管理して、すべてのインプレッションで最大の収益を上げることが可能。また、広告枠を匿名ベースとブランドベースのどちらで提供するか、どの広告フォーマットの掲載を許可するか、ユーザー行動などのデータの収集をバイヤーに許可するかを柔軟に指定することができる。

 adingoは、2008年からメディアの収益化に取り組み、 Google AdSense認定パートナーとして「Google AdSense」を活用。6,000以上のメディアの広告収益最大化を行ってきた。これらの実績が認められ、今回「DoubleClick Ad Exchange」の提供を行うに至った。

【関連記事】
adingoのSSP「Fluct」、「Yahoo!プレミアムDSP」と接続
adingoのSSP、「インフィード型」「レコメンドウィジェット型」のネイティブ広告配信に対応
adingo、Zucks提供のインフィード型ネイティブ広告の配信を開始
adingoのプライベートDMP、モデューロのDMP「AudienceOne」と連携
ログリー、adingo、ゴールドスポットメディアが連携~エキスパンド動画広告のRTB配信実現へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング