SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユナイテッド、アプリデベロッパ―のマネタイズ支援する事業部を新設

 ユナイテッドは、2016年9月1日にアプリデベロッパーを対象としたマネタイズ支援事業として、デベロッパートレーディング事業部を新設した。

 同社がSSP事業を展開し、Webメディア・アプリデベロッパー向けにメディアマネタイズ支援を行っている中で、昨今アプリデベロッパーからの広告マネタイズに関する要望や相談が増加していた。

 そこで、アプリデベロッパーの多様なニーズに対応し、広告マネタイズに関するアプリデベロッパーの満足度の更なる向上を図るため、今回の組織立ち上げに至った。

 デベロッパートレーディング事業部では、アプリデベロッパーに特化したメディアコンサルティング・トレーディング事業を主軸に、アプリ内のユーザー行動に応じて最適な広告フォーマットの設計を行い、収益の最大化を実現するための支援を行う。

 また、プライベートマーケットプレイス取引についても環境を構築し、広告主との多様なプログラマティック取引を実現するアプリ在庫販売チャネルを設計・提供する。くわえて、カジュアルゲームやソーシャルゲームを提供するアプリデベロッパーには、過去からコンサルティング展開している動画リワード広告の導入実績から得た知見を元に、動画リワード広告配信によるマネタイズと合わせて、同広告の特性を使ったアプリ内ユーザーの更なるアクティブユーザー化も視野に入れた提案も行っていく。

【関連記事】
スーパーマーケット「いなげや」、ポイントカード機能付O2Oアプリをリリース
楽天のフリマアプリ、出品時に商品画像からカテゴリーを推奨する「もしコレ!」の提供を開始
コロプラとKDDI、ゲーム感覚で調査に参加できるリサーチアプリ「auまちモニ」の提供を開始
オプトの「Spin App」、Google AdWordsへの広告配信データ連携を開始
フリークアウトの「Red」、スマホアプリの新規獲得、リエンゲージメント広告配信機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/02 11:10 https://markezine.jp/article/detail/25126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング