SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

【広告効果測定基礎】アンケートによる効果測定


インターネット広告を活用して、費用対効果を高まるためには効果検証は不可欠なスキルである。ここでは、アンケートによる効果測定手法について簡単にまとめた。(この記事は『図解インターネット広告』 からの転載記事です)

インプレッション効果の測定手法

 インターネット広告のインプレッション効果、すなわち広告に接触することによる意識の変化は、アンケートを実施しないと測定できない。インターネット広告推進協議会はインプレッション効果を、広告インパクト効果、ブランディング効果、態度変容効果に分類して定義している。広告インパクト効果とは広告の認知率やイメージ、ブランディング効果とは広告がブランドの評価に与えた影響、態度変容効果とは購買意向の変化などだ。

プレ/ポストと、コントロール/エクスポーズド

 インプレッション効果の測定方法としては、プレ/ポストによる測定と、コントロール/エクスポーズドによる測定がある。プレ/ポストは、広告出稿期間の前後にそれぞれ調査を実施して、両者の回答の差異を分析するものだ。この方法はテレビをはじめとするインターネット以外の広告効果測定でも一般的に採用される。しかし、事後調査の結果はすべてのメディアの影響を受けたものであり、インターネット広告の効果のみを浮き彫りにすることはできない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

太駄 健司(オオタ ケンジ)

インターネット広告について研究しており、「インターネット広告のひみつ」でその内容を公開している。大手総合広告会社に勤務。マーケティングセクション、インターネットメディアセクション(メディアレップへ出向)を経て、現在は複数メディアを組み合わせたクロスメディアコミュニケーションのプランニングを担当している。 ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/13 17:12 https://markezine.jp/article/detail/2623

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング