MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【広告効果測定基礎】アンケートによる効果測定

2008/02/13 11:00

インターネット広告を活用して、費用対効果を高まるためには効果検証は不可欠なスキルである。ここでは、アンケートによる効果測定手法について簡単にまとめた。(この記事は『図解インターネット広告』 からの転載記事です)

インプレッション効果の測定手法

 インターネット広告のインプレッション効果、すなわち広告に接触することによる意識の変化は、アンケートを実施しないと測定できない。インターネット広告推進協議会はインプレッション効果を、広告インパクト効果、ブランディング効果、態度変容効果に分類して定義している。広告インパクト効果とは広告の認知率やイメージ、ブランディング効果とは広告がブランドの評価に与えた影響、態度変容効果とは購買意向の変化などだ。

プレ/ポストと、コントロール/エクスポーズド

 インプレッション効果の測定方法としては、プレ/ポストによる測定と、コントロール/エクスポーズドによる測定がある。プレ/ポストは、広告出稿期間の前後にそれぞれ調査を実施して、両者の回答の差異を分析するものだ。この方法はテレビをはじめとするインターネット以外の広告効果測定でも一般的に採用される。しかし、事後調査の結果はすべてのメディアの影響を受けたものであり、インターネット広告の効果のみを浮き彫りにすることはできない。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5