MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トランスコスモスの「DECAds」が「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携

2017/08/23 14:30

 トランスコスモスの統合プラットフォーム「DECAds」とDSPの「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」が連携を開始。連携したDSP上でチャットに誘導するダイナミックディスプレイ広告の配信が可能になった。

 トランスコスモスは、同社の統合プラットフォーム「DECAds(デックアズ)」と、DSPの「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」を連携し、配信ネットワークを拡大するとともに、ダイナミックディスプレイ広告に対応したことを発表した。

 「DECAds」はトランスコスモスが独自に開発した、コミュニケーションで企業と消費者をつなぐ統合プラットフォーム。同プラットフォームにはチャット広告配信機能が備わっており、ユーザーをスマホ広告からチャットへ誘導することで、よりインタラクティブで適切なコミュニケーションや情報提供を可能にし、消費者の課題解決や興味関心の向上を図る。

 今回連携する3つのDSPは、リターゲティング型のダイナミックディスプレイ広告配信サービスであり、一度Webサイトに来訪したユーザーへ、興味関心度の高い商品を複数レコメンドすることができる。「DECAds」との連携により、パーソナライズ化された商品のレコメンドだけでなく、チャットを活用することで比較検討層の商品選定における課題解決のサポートを実現する。さらに、商品の購買意欲向上と意思決定を促進し、コンバージョン率を向上させる。

 また、今回の連携にあわせ、トランスコスモスは新たに専用の広告フォーマットを2種類用意した。一つは、広告内にチャットへの誘導枠を常に表示させる「チャット常設タイプ」。もう一つは、ダイナミックバナーの特長を活かし、商品表示が切り替わるフィードエリアに商品と同列にチャット誘導枠を表示する「フィード組み込みタイプ」で、2パターンのフォーマットで今回連携したDSPでの配信が可能になる(※広告メニューにより利用可能なフォーマットは異なる)。

【関連記事】
ハウスコムとトランスコスモス、物件検索から店舗への問い合わせまでLINEで完結するサービス開始
トランスコスモス、「DECAds Connect Edition」をリリース 製品の連携工数を削減
トランスコスモス、リアル店舗のモバイル決済データによるCRM展開
デジタルガレージ、ID-POSデータと連動した広告運用サービスをリリース
デジマース、リアルな賞品のインセンティブを活用した動画広告の提供をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5