SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

どんな壁や床もタッチ画面に 1→10driveがSmart Touch System「スマッチ」開発

 ワン・トゥー・テン・ドライブ(以下、1→10drive)は、測域センサ(※)とプロジェクターを活用し、簡単な設置だけであらゆる面をタッチ画面化するPCアプリ「スマッチ(Smart Touch System)」を開発した。スマッチを導入することで、既存のスペースがインタラクティブな空間へと変化する。

※測域センサとは、空間の物理的な形状データを出力することができる走査型の光波距離計。レーザースキャナー、3Dスキャナーともいう。

 1→10driveが紹介するスマッチ(Smart Touch System)の活用例は以下の通り。

アミューズメントスペースなどの遊具として

ショッピングモールなど商業施設の壁の有効活用

 

授業や学会、ビジネスシーンなどでのプレゼンテーションに

 スマッチの仕組みは、測域センサが壁や床の面に沿って赤外線を出し、それを手や足などが遮った際に、「タッチした」という情報としてPCが処理し、リアルタイムでビジュアルを生成し、プロジェクター(やその他ディスプレイ)に映像としてインタラクティブに反映されるというもの。

 これにより、タッチ式のスクリーンに限らず、どんな面でもタッチ画面化できる。さらに、通常のタッチスクリーンでは反応しない手袋や靴ごしのタッチでも反応する。2018年春頃、上記機能を持ったシステムパッケージを販売予定。

【関連記事】
グリー、スマホで住居空間のVRコンテンツが撮影できる「InsideMaps」の販売開始
東大・NICT・日立、「G空間情報」プラットフォーム開発に着手
デジタルアートとファッションを融合したセレクトショップがオープン~チームラボが空間デザイン
NTTデータ、行動データを活用したリアルタイムマーケティングのソリューション提供へ
シナラ、「モバイルちらし」をローンチ 店舗周辺にいる人のスマホにリアルタイム広告を配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/20 07:00 https://markezine.jp/article/detail/27685

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング