MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本企業ではイオンが最上位 デロイト、世界の小売業ランキング2018を発表

2018/05/08 09:00

 デロイト トーマツ コンサルティングは、今年で調査開始から21回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2018」を発表した。本レポートは、全世界の小売企業から2016年度の売上高上位250社をランキングにまとめ、地域、セクター、チャネルごとに分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめている。

 今回の調査結果として、上位250社の総小売り売上高合計は4兆4,100億米ドル、平均小売り売上高は176億米ドル、2011~2016年度における小売り売上高の年平均成長率は4.8%となった。250社のランキングのうちトップ5は昨年と変わらず、Walmartは20年以上連続で1位にランクイン。また、前回、調査開始以降初めてトップ10入りを果たしたAmazon.comは順位を4つ上げ、6位に入っている。

世界の小売業ランキング 上位10社
世界の小売業ランキング 上位10社

 なお日本企業でトップ250入りした企業数は32社で、前回の30社より2社増加した。日本企業のうち、最上位は12位にランクインしたイオンだった。

世界の小売業ランキング トップ250にランクインした日本企業

世界の小売業ランキング トップ250にランクインした日本企業

【関連記事】
デロイト トーマツとSAPジャパン、次世代デジタルソリューション群を日本企業向けに提供開始
テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
DTCの社内カンパニー「デロイト エクスポネンシャル」発足~日本企業の市場創造と成長を支援
デロイト、日系企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するコンサルティングを提供開始
デロイトトーマツ、オムニ時代の経営意思決定を支える「マーケティング投資最適化」アナリティクスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5