SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「CM飛ばし」の実態は?インテージ、スマートTVログを用いて視聴態度を調査

 インテージは、同社の「Media Gauge TV」というスマートTVログを用いた「タイムシフト視聴の実態調査」を実施し、結果を発表した。

 スマートTVログとは、ネットに接続されたテレビの操作履歴データのことで、チャンネル選択などの行動を秒単位で把握できる。ネットに接続された録画機のデータも収集しており、再生はもちろん、早見再生(倍速再生)やCMスキップなど詳細な操作履歴の分析ができるため、広告主の関心の高い「CM飛ばし」などの視聴実態を浮き彫りにすることが可能になる。

 下図は、2017年11月に放送されたあるドラマを「録画番組再生マップ」として視覚化したもの。縦軸は操作率、横軸は番組の経過時間軸を表していて、「どの時点でどのような操作が何%の録画機でされているのか」が分かる。赤く塗られた時間帯は「CM時間」を表し、CM時間帯に再生している録画機は概ね2・3割であることが分かる。つまり、CM時間帯に6割程度の録画機は文字通り「スキップ=CM飛ばし」されている状態であると言える。

 同様に、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」のとある放送回のデータを見てみると、先ほどとは全く違う形になっている。

 同番組では、音声が聞き取れる程度の早回しで再生される「早見再生」が多用されていることが分かる。「時短で。でも大切な情報は逃したくない」そんなニーズがこうした視聴形態を生んだと考えられる。CM時間帯も早見再生を含め、半数近くが視聴しており、完全にスキップしていた先ほどのドラマとは大きな違いが浮かび上がる結果となった。

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査地域:京浜(一都三県)
対象者条件:16~59歳の男女
標本抽出方法:株式会社インテージ「マイティモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を2015年度実施国勢調査結果にあわせてウェイトバック
標本サイズ:n=2,582
調査実施時期:2018年6月18日(月)~2018年6月21日(木)

【関連記事】
AIで動画視聴時の感情を分析!表情解析Web調査サービス「Emotion Capture」登場
「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が前年比の1.6倍に【ジャストシステム調査】
メディア接触時間が過去最高に/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2018」発表
スマホアプリの動画広告は、テレビCMよりも不快?【ジャストシステム調査】
動画を見るSNS、女子中学生はLINEで女子高校生はTwitter【GMOメディア調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/27 11:30 https://markezine.jp/article/detail/28733

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング