MarkeZine(マーケジン)

記事種別

“あなたが目を閉じる”と、家庭内暴力が行われるWebサイト

「DVの現実から目を背けてはならない」というメッセージを、Webカメラを使ってインタラクティブに伝える動画キャンペーンをご紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:ジョージア
 企業/ブランド:Antipfund Georgia
 業種:非営利組織

視聴者の目に反応する動画

 東ヨーロッパの国ジョージアでは、女性のうち7人に1人がDVの被害にあっていると言われています。その原因は、当事者の周囲の人々がDVの事実に目をつむったり、気付かないふりをしていることだと考えられています。

 そんな中、DV被害者を支援する活動に取り組むAntipfund Georgiaは、“目を背けがちなDV問題”を啓発するためにAIを活用したインタラクティブなWebサイトを開設しました。

 ユーザーがこのWebサイトにアクセスすると、「目を閉じたり開けたりすることで操作ができる」というメッセージが表示され、Webカメラの起動を促します。

 同サイトにある動画の視聴をスタートさせると、ユーザーが“目を閉じている間”は男性が女性に暴力をふるい、一方で“目を開ける”とその暴力シーンがストップするという仕掛けが施されています。目を開けている間は、「目を閉じると暴力は決して終わりません」というメッセージが表示されるようになっています。

 本Webサイトにより、これまで目を背けられてきたDV問題に対する議論が活発化。総務省がDVに特化した部署を立ち上げることにも寄与しました。

 また同団体が運営するDV被害者のホットラインには、キャンペーンの後、被害者と目撃者の双方から従来比で500%以上も電話が寄せられたといいます。

 「目を背けずに、向き合おう」というメッセージをWebサイトでのインタラクティブな体験を通じて啓発したユニークな取組みでした。

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5