SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通テック、「+tech labo」を設立 テクノロジーを活用しOMO時代のプロモーションを開拓

 電通テックは、最新テクノロジーを活用したビジネスの在り方を探求・実践していく新たな開発型組織として、「+tech labo(プラステックラボ)」を設立した。

 テクノロジーの進展の中で、生活の中のあらゆる行動がデジタルデータ化され、生活者の購買行動についてはオンライン・オフラインの境目が無くなるOMO(Online Merges Offline)化が進んでいる。

 「+tech labo」では、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、さらにはテクノロジー環境がより成熟を迎えるであろう2022年をひとつのベンチマークとし、OMO時代におけるテクノロジーを活用した新しいプロモーションを開拓していく。具体的には、IoTやAIを活用した未来型店舗の実装に向けての新たな購買体験の開発や、生活者の体験をデザインするIoTプロダクト開発、産学連携によるプロモーション領域の新たなソリューション開発を行っていく。

 なお、同ラボは既に、京都大学のデザインスクールと産業界・行政の連携の場であるデザインイノベーションコンソーシアムへ参画しており、尾原和啓氏をはじめとした外部フェローとの共創を始めている。また新事業・新産業創発支援の共創プロジェクト「DENTSU JAM!」など、電通グループ内の新事業創発プロジェクトとも連携を開始している。

【関連記事】
電通テック、写真撮影でシリアルナンバーの一括入力を可能にするツール開発 キャンペーン応募の促進狙う
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」活用した新サービスの提供開始 あらゆる顧客接点データを活用
電通テック、レモネードのインスタ特化型プラットフォームと連携 SNS上での話題化からCRMまで支援
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店に 既存サービスとの連携も
電通テック、売り場からバナー広告を即座に配信できるサービスリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング