SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スターバックスのメッセージは伝わらなかったのか? 「3時間の閉店騒動」のその後

 米スターバックスは2月25日に店舗を夕方5時半から8時半の3時間閉鎖して従業員の再訓練を行った。人気のコーヒーチェーンによる味とサービスを改善するための大規模なトレーニングイベントに、全米のマスコミが飛びついた。広告業界情報サイト「AdAge」、レストラン業界情報サイト「QSR」は、同じ調査レポートをもとにスターバックスのトレーニングイベントの問題について報じている。

 調査会社Synovateが消費者1000人を対象に行った調査によると、回答者の75%が今回のスターバックスの閉店について知っていたが、閉店した理由を知っていた人は半数に満たなかったという。スターバックがあらかじめこの訓練について明らかにしようとしなかったことから、同社の味とサービスの品質向上というメッセージは、うまく伝わらなかったようだ。

 しかし、閉店した時間帯は、消費者の利用動向から見ると最も適切な時間帯だったと評価されている。その時間帯にコーヒーを買おうとしていた人は回答者の10人に1人。当日99セントでラテを販売していたダンキンドーナツを利用した人は、そのうちの2割程度。そのほか、マクドナルド、パネラ・ブレッドが利用されたという。今回はうまくメッセージは伝わらなかったものの、思ったよりネガティブな評価はなかったというかたちで落ち着きそうだ。

【関連リンク】
「スタバ離れ」に危機感、全米13万5000人の従業員にエスプレッソのいれ方を再教育
アップルとスターバックスが音楽ビジネスで提携
実は「買いたいコーヒーランキング1位」のマクドナルドが、高級コーヒーの無料提供サービスを実施
米マクドナルド、小学校の通知表への広告掲載を取りやめ
日本マクドナルド、月間売上高で過去最高を達成、メガマック再投入や24時間営業強化が次々とヒット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/13 16:10 https://markezine.jp/article/detail/2904

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング