SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業と親和性の高いインスタユーザーを抽出!スパイスボックス、「AI-PROFILE」をリリース

 ソーシャルメディア上でのエンゲージメント・コミュニケーション施策支援を行うスパイスボックスは12月14日、AIスタートアップ企業AIQのプロファイリングデータを活用し、Instagramで企業・ブランドと親和性の高いフォロワーが獲得できるサービス「AI-PROFILE」の提供を開始した。

「AI-PROFILE」イメージ

 「AI-PROFILE」では、AIによってあらかじめ人物像(年代/性別/趣味・嗜好/行動範囲・居住地域など)を推計した国内約700万アカウントの中から、企業・ブランドと親和性の高いユーザーを特定。これによって、人による作業工数を大幅に削減しながら、継続的に良質なフォロワーを獲得することが可能になる。

 同サービスによって獲得したフォロワーは、企業・ブランドが発信するコンテンツとの親和性が高いため、投稿に対するエンゲージメント率を高く維持しやすいという特徴を持つ。AIQが実施した調査によれば、同サービス経由で獲得したフォロワーのエンゲージメント率は、平均して30%前後になるという。

 なお、同サービスで活用されているプロファイリングデータは、AIQが「自然言語処理」「画像解析」技術を駆使し、プロフィールや利用するハッシュタグ、フォローするアカウントなど、インターネット上で一般に公開されているInstagramアカウントのデータを収集・分析したもの。

 「自然言語処理」技術では、たとえば単に「スパイスボックス」に言及しているから「スパイスボックスのファン」とするのではなく、「スパイスボックスが好き」「スパイスボックスが嫌い」などの違いまでを分析。これによって、ユーザーが企業・ブランドに対して好意的か、また親和性が高いかを判断することができる。

 スパイスボックスでは今後、同サービスを通じて獲得したフォロワーのトライブ(消費者群)分析やUGCを活用したプロモーション支援なども行っていく考えだ。

【関連記事】
Instagramストーリーズへの“リンク付き投稿”が可能に スパイスボックスが新広告をリリース
アプローチすべき人をSNSから発掘!スパイスボックス、コミュニティ形成のためのツールを提供
スパイスボックス、中国、タイなどの現地企業向けブランディング動画制作・配信を支援へ
スパイスボックス、データもとに“ソーシャル上で情報拡散する”TVCM制作行うサービスをリリース
スパイスボックス、「THINK」をリリース 統計解析でPR、SNSの売上貢献度を可視化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/14 14:30 https://markezine.jp/article/detail/29981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング