SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ANA Xから学ぶ、CX向上を実現する組織体制とデータ活用【MarkeZine Dayニュース】

 2019年3月7日から8日に開催される「MarkeZine Day 2019 Spring」。8日(金)、13時50分からのセッション「ANAが目指す、事業の枠組みを越えた顧客体験」では、ANA X 代表取締役社長の稲田 剛氏が登壇する。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Spring
登壇セッション:ANAが目指す、事業の枠組みを越えた顧客体験
日時:2019年3月8日(金) 13:50~14:35
会場:ソラシティカンファレンスセンター 
   〒101-0062 千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ2F
参加費:無料(事前登録制)

 ANAグループ全体の顧客マーケティングを担う会社として設立された、ANA X。同社では「搭乗データ」に加えて、「ANAマイレージクラブ」「ANAカード」など、ANAグループ全体の膨大な顧客データをを集積・分析することで、 顧客の365日に寄り添う「ライフタイムジャーニー」を描いている。

 本セッションでは、ANAが生み出す「顧客起点の新規事業」や、CX向上を実現する「組織体制のポイント」を紹介。稲田氏は講演にかける思いを次のように語っている。

 「起業と大きな組織内のイノベーション活動は、異なります。新しいチャレンジに共感してもらえるような社内の仲間づくりが欠かせません。中々うまくいきません。でも、辛抱強く活動しているとだんだんと……。特に大きな組織で同じような苦労をされている方にとって役立つ情報を少しでもご提供できれば幸いです」(稲田氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/05 08:00 https://markezine.jp/article/detail/30299

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング