SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK MS、メタップスワンと共同チームを立ち上げ データフィード・ダイナミック広告領域を強化

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、データフィードおよびダイナミック広告領域への対応を強化するため、メタップスワンとJoint Business Plan(以下、JBP)に基づく共同チーム「FEEDEE(フィーディー)」を立ち上げた。

 ユーザーの検索行動や属性、行動履歴等に基づいてアイテム単位での配信が可能なデータフィードおよびダイナミック広告は、CriteoやGoogle広告、Yahoo!JAPANをはじめ、Facebook広告やLINE Ads Platform、Indeedなど数多くのプラットフォームにおいて展開されており、多くの企業が、ユーザー行動の多様化が進む中で成果を出しやすい広告手法の一つとして導入を進めている。

 ADK MSは、こうした動きに対応するため、メタップスワンと「FEEDEE」を立ち上げ、データフィードの導入から広告の最適化運用まで、一貫したソリューションの提供を強化していく。

 同社は今後、「FEEDEE」によってデータフィードおよびダイナミック広告に関わる案件を牽引し、ノウハウを蓄積してくことで、データフィード・ダイナミック広告領域におけるクライアントサービスの充実およびビジネス成果への貢献を図っていく。

【関連記事】
ADK MSとマイクロアドチャイナ、上海に新会社を設立 東アジアを中心に多言語デジタル広告を配信へ
ADK MSとCHEQ JAPANが協力 リアルタイムアドセーフティに向けパイロットテストを実施
ADK MSとプリンシプル、データドリブン領域で資本業務提携 共同開発中のソリューションを早期提供へ
ADK MS、放送局の見逃し配信サービスと提携したプライベート・マーケットプレイスを提供
ADK MS、GRIとの業務提携で「データサイエンス領域」を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/03 07:30 https://markezine.jp/article/detail/31463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング