SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ダイキン工業、ユーザー参加型の商品開発・販売プラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X」を開設

 ダイキン工業は、ユーザーから得た意見を基に商品を開発し、直接販売するオンラインプラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X(ダイキン ローンチ エックス)」を開設した。

 同プラットフォームでは、開発中のものを含む商品情報を公開し、集まったユーザーの評価や意見に基づいて商品の発売の是非や仕様を決定。Webを通じてユーザーへの直接販売を行う。商品によってはクラウドファンディングも活用し、支援者を募ってから生産を行う。これにより、ユーザーのニーズに寄り添った商品を開発し、用途や使われ方の変化に合わせて改良する「アジャイル型商品開発」を加速していく。

 具体的には開発中の商品のコンセプトや搭載予定の機能、スペックなどの情報を掲載する。ユーザーは商品に対する期待度や意見を「期待レビュー」に投稿することが可能だ。またTwitterとも連動することで、商品名などのハッシュタグを入れたツイートで、掲載された商品への意見や評価を発信してフォロワーと共有できるほか、同プラットフォーム内でフォロワー以外のユーザーのツイートを閲覧することも可能だ。

【関連記事】
ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAIを活用した商品開発を実施 検索キーワード等からインサイトを把握
CCI、アプリメディア向けオーディエンスデータ活用支援を強化 『LOCARI』の広告商品開発を支援
ANA総合研究所ら13社が「地域創生インバウンド協議会」を発足 リサーチ、商品開発、プロモを支援
博報堂アイ・スタジオ、新技術を広告に落とし込む組織「広告新商品開発室」を新設
ABEJAとダイキン、ディープラーニングを活用した協業開始~AIによる高度な業務改善・効率化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/05 13:30 https://markezine.jp/article/detail/32307

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング