MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂行動デザイン研究所、デジタル時代の生活者を捉える行動デザインモデル「PIXループ」を開発

2019/11/21 12:30

 博報堂の専門組織「博報堂行動デザイン研究所」は、「情報をプールする」生活者を捉えるデジタル時代の行動デザインモデル「PIXループ」を開発した。

 同組織は、生活者は情報行動と消費行動を明確に区別しておらず、「Pool (情報を引き寄せ貯めておく)」→「Ignite (気持ちに火が点く)」→「eXpand (体験をやってみて情報圏を拡げる)」という行動をループさせながら自己充足を図っていることを発見し、同モデルを開発。このループの中に、いかに企業・ブランドが入り込み、消費行動に結びつく施策をプロットしていくことができるかが、マーケティングの成否を握るとしている。

「PIXループ」
「PIXループ」

 また同組織は、このモデル化に合わせて「PIXループプラニングWAY」も開発。生活者を動かす行動デザインを、情報デザイン、衝動デザイン、能動デザイン、Re情報デザインの4つのフェーズで捉え、プラニングしていく。

「PIXループプラニングWAY」
「PIXループプラニングWAY」

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、マスメディアにも対応したインフルエンサーマーケ組織を発足
博報堂マーケティングシステムズ、行動経済学を活用したコミュニケーションシナリオ設計サービスを提供
CCCグループのTマガジン、小学館、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立
博報堂、新規事業創造支援のためアドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミルと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5