SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、「博報堂SDGsプロジェクト」を発足 クライアント企業の取り組みを支援へ

 博報堂は、クライアント企業のSDGsの取り組みを支援する全社的プロジェクト「博報堂SDGsプロジェクト」を発足した。また同社は、調査を基に開発した“サステナブルな買い物クラスター”を活用し、「サステナブル・マーケティング支援プログラム」の提供を開始した。

 同プロジェクトは、マーケティング・ブランディング、ビジネス開発、PR、研究開発、クリエイティブなど、SDGsに関する経験と専門性を持つ社員で編成。次世代の経営のテーマとなる、企業の経済インパクトと社会的インパクトの統合に資するソリューション開発や事業開発支援、マーケティング支援などを行う。

 また同社は生活者の食品・日用品におけるサステナブル購買行動(食品・日用品における環境・社会を意識した購買行動)を分析し、生活者を8つのクラスターに分類。クラスターごとに詳しい価値観や購買意識、社会課題への意識などを明らかにした。

 「サステナブル・マーケティング支援プログラム」では、このクラスター分類を活用して、商品やブランドのターゲット選定や、ターゲットごとの最適な商品設計やコミュニケーションプランを立案する。さらにこの分類に、同社が有する各種の生活者洞察やマーケティング・ブランディングのノウハウを組み合わせ、統合的なマーケティングソリューションを提供していく。

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズとアドウェイズが資本業務提携 アプリプロモーション領域を強化
博報堂行動デザイン研究所、デジタル時代の生活者を捉える行動デザインモデル「PIXループ」を開発
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、マスメディアにも対応したインフルエンサーマーケ組織を発足
博報堂マーケティングシステムズ、行動経済学を活用したコミュニケーションシナリオ設計サービスを提供
博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/06 14:00 https://markezine.jp/article/detail/32547

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング