SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アジト、広告データの可視化を自動化する「Databeat Explore」を提供開始

 マーケティングテクノロジーのSaaS事業を行うアジトは、マーケター自らが必要な時に、必要なマーケティングデータをいつでも最新の状態で可視化、分析することができる新サービス「Databeat Explore」の提供を開始した。

 同サービスは、多様な広告プラットフォームのデータを自動で収集・統合し、利用者の望む場所にデータを出力するものだ。

データの収集先と出力先を示した概略図
データの収集先と出力先を示した概略図

 具体的には、Google広告やYahoo!広告、Facebook広告などの主要な広告プラットフォームからデータを自動で収集できる。収集したデータは、広告プラットフォーム間で異なる名前で存在している同じ意味合いの指標(たとえばGoogle広告の「クリック数」とTwitter広告の「リンクのクリック数」)をマッピングするなど、整形した状態で格納される。格納されたデータは、必要な場所に出力し可視化することができる。

 またデータマートをマーケターが自由に作成できることも特長の一つだ。管理画面上では、分析に必要なデータ指標を選択するだけで、必要な時に必要なデータを抽出することが可能となる。

 マーケター自らが作成したデータマートは、Google データポータルに連携させ出力することができ、最新データのリアルタイムでの可視化、共有、分析を可能にする。

Google データポータルでの出力イメージ
Google データポータルでの出力イメージ

 なお同社は、同サービスに収集可能な広告プラットフォームを随時追加をしていく。また広告プラットフォーム以外のマーケティング関連データも今後収集する予定だ。

【関連記事】
ランチェスター、1億円の資金調達を実施 「EAP」事業のSaaS転換などに注力へ
ビッグデータ分析の事前処理SaaS「trocco」のプライムナンバーが1.3億円を調達
ブレインパッドのDMPがLINEのパーソナライズ配信に対応 SaaSツールとして提供へ
CA ABEJA、広告クリエイティブの「効果予測モデル」を開発 CAがSaaSとして提供へ
リクルート、Webデータを収集しAIで分析するSaaS型サービス提供のDataWeaveへ出資

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング