SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ランチェスターの「EAP」、ビューティーブランド「THREE」の公式アプリに導入

 ランチェスターが提供するモバイルアプリプラットフォーム「EAP(Engagement Application Platform)」が、ACROが運営するビューティーブランド「THREE(スリー)」の公式アプリに導入された。

「THREE」の公式アプリ
「THREE」の公式アプリ

 EAPは、顧客体験を考えたUI、外部システムとの連携による拡張性と多彩な標準機能を搭載。オンラインとオフラインをシームレスに繋ぎ、顧客行動のデータ化を可能する。企業の情報をアプリに集約し、企業とファンのより良い関係を支える。

【関連記事】
ランチェスター、東急ハンズのアプリ改善を支援 「EAP」を通じてクーポンページのUIなどを改良
ランチェスター、1億円の資金調達を実施 「EAP」事業のSaaS転換などに注力へ
阪急メンズ東京、「EAP」による支援のもと公式アプリをリリース/売り場担当者と顧客をアプリでつなぐ
ワイン専門店エノテカ、「EAP」による支援のもと公式アプリを開発 中長期で店舗と顧客をつなぐ場に
モバイルアプリプラットフォーム「EAP」、 コンテンツ表現の幅を広げる「ピクチャーカード」機能を搭載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/11 08:30 https://markezine.jp/article/detail/33007

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング