MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コロナ禍の広告予算やターゲット変更でアドフラウドが一時的に低下/Spider Labs調査

2020/09/07 08:00

 Spider Labs(スパイダーラボズ)は、「アドフラウド調査レポート 2020年上半期」を公開した。

 同レポートは、COVID-19によるネット広告市場の変化とアドフラウドの動向を伝えるもの。AI搭載アドフラウド対策ツール「Spider AF(スパイダーエーエフ)」を用いて、ロックダウン前後の約7,900億のデータを比較。地域や時間帯によってトラフィックがどのように流れていたのかを明らかにしているほか、調査期間中における最新のアドフラウド手法も紹介している。

 以下、一部内容を紹介する。

COVID-19対応に追われた広告主

 COVID-19の感染が急増したことで、アプリインストールの割合が大幅に低下。3月と4月はCOVID-19への対応として、広告主が予算やターゲットを急遽変更したことが影響し、アドフラウド率が一時的に低下。しかし、ウイルスとの共存を強いられるウィズコロナ時代に突⼊した5月以降、アドフラウド率は徐々に上昇。出稿をためらう広告主も見受けられた。

タップで拡大
タップで拡大

レポート詳細はこちら

目次
  • ごあいさつ
  • はじめに
  • Spider AFについて
  • 定義
  • サマリー
  • 概要
  • 日本におけるCOVID-19のタイムライン
  • 月間のアプリインストールの割合
  • アプリカテゴリー別のインストール
  • 日本におけるCOVID­19ケースとアドフラウド
  • ファーム
  • クリックフローディング
  • ウェブ広告
  • ドメインスプーフィング
  • おわりに
  • SBL MEMBERS

【関連記事】
アドフラウド対策ツール「Spider AF」、ウェブ広告主にも提供開始
アドフラウド対策ツール「SpiderAF」、リアルタイム不正検知が可能に アフィタウンに提供開始
fluctのSSP、Phybbitのアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入
AI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」がアプリ広告の無料健康診断を開始
アイモバイル、自社アフィリエイトサービスに「SpiderAF for app」を導入 不正広告検知へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5