SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Logicad Video Ads」、キャッチアップ放送向け広告配信機能を拡充

 SMNは「Logicad Video Ads」において、広告配信の機能を拡充した。

 DSP「Logicad」をベースに、動画広告配信メニューとして独自のターゲティング技術を活用し、Web上での動画広告を配信してきた「Logicad Video Ads」は、今回の機能拡充にてキャッチアップ放送(見逃し配信動画)への広告配信を強化した。

 広告配信を強化した機能は、主に3つある。1つめはPC、スマートフォン端末視聴向けの「クリッカブル配信」だ。キャッチアップ放送を視聴するユーザーに広告を配信した際、指定のサイト(自社サイト、広告商品サイトなど)に直接遷移できる。同機能の拡充により、キャッチアップ放送を視聴するユーザーが広告に接触した際の効果(広告のクリック、購入に至ったか、など)を測定することが可能となる。

 2つめはインターネットに結線されたテレビ端末で視聴できるコネクテッドテレビ内の、キャッチアップ放送への広告配信が可能な「コネクテッドテレビ配信」。同配信拡充により、幅広いユーザーへの広告リーチが実現できる。

 3つめはSMNが提供するテレビ視聴データ活用広告配信サービス「TVBridge Ads」(正式名称:Connected TV Data Bridge Ads)と連携したキャップアップ放送への配信機能だ。具体的には国内大手テレビメーカーのテレビ視聴データと、SMNのデジタルメディアの接触データ(スマートフォン、PC上で閲覧したWebやアプリの行動データ)を基にターゲットの興味対象を判別。ブランディング領域を含む商材の特性に応じた広告を配信するものだ。テレビ視聴データの活用によりテレビとデジタルメディアを横断したアプローチが可能になり、新たなリーチの獲得が見込めるという。

【関連記事】
国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年に102億円/2024年には558億円規模に【SMN調査】
SMNグループが新会社「SMNメディアデザイン」を設立 デジタルマーケティング事業強化へ
SMN、ヘッダービディングによるモバイルアプリとAMPページへの広告配信を開始
DOOH向け広告配信の一元管理を可能に SMN、LIVE BOARDと連携し新サービスを提供開始
広告連動型チャット形式LPの「goline」、Logicadと連携 ナーチャリングを行いCVR向上へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング