MarkeZine(マーケジン)

記事種別

NTTドコモ、iメニューの公式サイト表示の一部を6月から入札で決定

2008/05/14 17:30

 数多くの公式サイトを効率よく紹介するために、iメニューでは公式サイトをカテゴリ別にメニュー化している。カテゴリは大・中・小の3つのレベルに階層化され、今回入札対象となるのは、「働く/住む/学ぶ」「着うたフル」「着うた/着モーション」「着信メロディ/カラオケ」「メロディコール」「待受画面/フレーム」「ゲーム」「占い/診断」「コミック/書籍」「デコメール」の10のカテゴリに含まれる中カテゴリ。

 中カテゴリに表示される3~4件のサイトは、これまで利用者数の多い順で決まっていたが、6月からはこのサイト表示自体が広告商品となり、表示サイトは入札によって決定する。ただし、その下の小カテゴリは従来どおり利用者数の多い順になる。入札はディーツーコミュニケーションズを通じて、6月から毎月行われる。

 今回の入札制度導入について、NTTドコモは各カテゴリの順位が固定化している状況を活性化する意図もあるようだ。しかし、メニュー表示自体が広告という状況を利用者やサイト運営者がどうとらえるか? モバイル検索が一般化しているとはいえ、まだまだ存在感を発揮している「iメニュー」と「公式サイト」が、NTTドコモの思惑どおり活性化するのか注目される。

【関連リンク】
変わるドコモを象徴する「赤」、「ドコモ2.0」の攻撃的なレッドから新ロゴの「ドコモレッド」に変わるまで
NTTドコモ、新広告キャンペーン「ドコモのあなたに、Answerを。」をスタート
NTTドコモの長すぎる苦戦、携帯電話単独でもシェア50%割れは秒読みへ?
「ニコニコ動画モバイル」が、iモードの公式サービスに
ドコモは「信頼できる」、ソフトバンクは「チャレンジャー」【携帯キャリアイメージ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5