SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座

第9回 マーケティングのヒントが見つかる「レポート分析」

 アフィリエイト・プログラムを運営していると、ASPが提供するさまざまなレポートを目にします。そうしたデータから運営のヒントが見つかることもしばしばです。今回は、オンラインレポートの種類や、レポートを見るときのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

オンラインレポートはマーケティングデータの宝庫

 オンラインショップやアフィリエイトの運営に限った話ではないのですが、定期的にきちんとデータを見て現状や変化を正確に把握し、データの裏づけを持った「次の一手」を打てる人は、何事にも強く、ルーティンワークに流されず、確実に業務の質を高めてゆくことができます。

 ただこれは、データ分析が好きな人/嫌いな人、得意な人/苦手な人に二分されるようで、アフィリエイト・プログラムのオンラインレポートについても、

 「毎朝パソコンを立ち上げると真っ先にレポートを見にいく。前日配信したメールの反応が現れていないかどうか、新しいバナーの人気度合いはどうかなど確認する」

 「オンラインレポートだけでは分かりにくいので、いくつかの数値を抜き出してエクセルにまとめ、グラフ化して進捗状況を視覚的に理解できるようにしている」

という担当者がいる一方で、

 「気が向いた時に、成果金額合計をチェックする程度」

という人まで、意識の差は非常に大きいようです。

 ちなみに筆者は…というと、データをエクセルであれこれいじりまわして分析するのは大好きなのですが、それを次のアクションにきちんとつなげてゆけないまま終わってしまうことも多く、いつも中途半端な状態。しっかりデータ解析している担当者の話を聞くたびに、反省を繰り返しています。

 ここでは、アフィリエイト・プログラムのオンラインレポートにどんな種類があるか、またレポートを見るときのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
オンラインレポートの種類

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和田 亜希子(ワダ アキコ)

1994年早稲田大学政治経済学部卒。住友銀行、ライコスジャパン(検索エンジン)、カレン(メールマーケ支援)を経て2001年独立。アフィリエイトASP「LinkShare」からの受託で、個人アフィリエイト支援業務やアフィリエイトコンテストの開催に携わり、またECサイトのアフィリエイト導入やアフィリエイト・リレーションシップ・マネジメント(ARM)にも従事している。1999年に立ち上げた日本で最初のアフィリエイト専門情報サイ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/12/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/486

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング