SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、入力を最小限に抑える機能を本格導入

 Google Suggestは、検索窓に単語や単語の一部を入力するだけで、想定される単語やフレーズの候補と検索結果数を表示する機能、日本版のGoogle Labsでも試すことができる。

Googleサジェストで「に」と入れたところ

 Googleでは、入力した言葉が間違っていた場合に検索結果のページ上部に「Did you mean ?(もしかして)」というリンクが表示されるが、Google Suggestでは検索窓で正しいと思われる言葉の候補リストを表示してくれる。

 また、入力が面倒な長い単語やフレーズをすべて入力する代わりに、候補の中から選ぶだけで検索することもできる。これらの機能はパソコンだけでなく、携帯端末での入力ストレスを大いに軽減してくれそうだ。

【関連記事】
Googleマップの「ストリートビュー」で東京散歩
MIAUが「Google ストリートビュー“問題”を考える」シンポジウムを27日に開催
Google AdWords、検索結果1ページ目に広告を表示させるための指標「First Page Bid」導入
Google、「ハード404」の利用を推奨

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/26 11:42 https://markezine.jp/article/detail/5141

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング