MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広報予算を削減したい大企業向け、未来がプレスリリース配信サービスの機能を拡充

2008/12/26 11:55

 今回のリニューアルによって、@Pressの会員ページ内で海外向けプレスリリースも国内向けと同様、申し込みや配信のやり取り、配信後の掲載調査結果の閲覧が利用できるようになった。また、「アメリカ」「UK/アイルランド」「ヨーロッパ」「アジア」などの地域別の配信、配信先言語への翻訳にも対応しているため、簡単ながらもより細かなニーズに対応することができる。

 会員ページでは、企業が保有するメディアのリストの登録・管理も可能になり、@Pressが保有するメディアリストの中からの配信に加え、自社で関係をもつメディア担当者への配信も指定できるようになっている。そのほか、複数回チケットサービスの追加や企業ロゴの無料登録、画像掲載や特急配信オプションの強化などが行われた。

 未来予想は、今回のリニューアルによって、メインターゲットの中小企業だけでなく、コスト削減を迫られている大企業のPR・IR活動の支援サービスを提供するとしている。

【関連記事】
@Press、プレスリリースの原稿作成サービスと低価格配信プランをスタート 
株式時価総額が大きい企業ほど、サイトでのIR情報の開示状況が高い 【ホームページ充実度調査】
2008年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査、1位は東芝
上場企業のRSS配信率は2年前の6倍に【サイドフィードRSS配信状況調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5