SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

広報予算を削減したい大企業向け、未来がプレスリリース配信サービスの機能を拡充

 今回のリニューアルによって、@Pressの会員ページ内で海外向けプレスリリースも国内向けと同様、申し込みや配信のやり取り、配信後の掲載調査結果の閲覧が利用できるようになった。また、「アメリカ」「UK/アイルランド」「ヨーロッパ」「アジア」などの地域別の配信、配信先言語への翻訳にも対応しているため、簡単ながらもより細かなニーズに対応することができる。

 会員ページでは、企業が保有するメディアのリストの登録・管理も可能になり、@Pressが保有するメディアリストの中からの配信に加え、自社で関係をもつメディア担当者への配信も指定できるようになっている。そのほか、複数回チケットサービスの追加や企業ロゴの無料登録、画像掲載や特急配信オプションの強化などが行われた。

 未来予想は、今回のリニューアルによって、メインターゲットの中小企業だけでなく、コスト削減を迫られている大企業のPR・IR活動の支援サービスを提供するとしている。

【関連記事】
@Press、プレスリリースの原稿作成サービスと低価格配信プランをスタート 
株式時価総額が大きい企業ほど、サイトでのIR情報の開示状況が高い 【ホームページ充実度調査】
2008年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査、1位は東芝
上場企業のRSS配信率は2年前の6倍に【サイドフィードRSS配信状況調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング