SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年のスーパーボウルは常連の広告主がCM放映を断念

 アメリカンフットボールのプロ最高峰を決定する第43回「スーパーボウル」が、カーディナルス対スティーラーズというカードで、現地時間の2月1日(日本時間の2月2日朝)に開催される。米国で最も高い視聴率を記録するスーパーボウルの試合中継は、スポンサー各社が30秒の特別バージョンのCMを放映することでも知られている。

 しかし、30秒のCM料金は1本300万ドル。経済状況が悪化の一途をたどるなか、昨年11月の段階で、FedEX、Garmin、General MotersなどがCMを断念したと伝えられており、すべてのスポットを売り切れるのか懸念が高まっていた。ADWEEKが報じたところによると、試合が行われる日曜日を間近に控えた火曜日の段階でCMスポットは2つ残っており、料金値下げもやむなしという状況のようだ。

 その一方で、コカ・コーラは、売上好調な「Coca-Cola zero」のCMを放映すると発表。CMには、カーディナルスと激突するスティーラーズのトロイ・ポラマル選手を起用する。ウェイヴした長髪がトレードマークのポラマル選手は、試合中に相手チームのディフェンスの選手にその髪をつかまれて引き倒されたこともあるが、決してそのスタイルを変えようとしないことでも知られている。

 全米がテレビの前に釘付けになるスーパーボウル、白熱する試合に負けないCMで視聴者を魅了してもらいたいものだ。

【関連記事】
今年のスーパーボウルは、テレビを見ながら検索している視聴者をねらえ!
スーパーボウル中継時の宅配ピザのオンライン注文、三大チェーンの勝者は?
米国でのテレビ視聴時間が過去最高、3割はネットとの「ながら視聴」に【Nielsen・3つの画面についての調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/30 19:46 https://markezine.jp/article/detail/6454

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング