SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

WPPがOmnitureと提携、2500万ドルの長期投資を実施

 広告およびコミュニケーションサービスをグローバルに展開するWPPと米Omnitureは、インターネットメディアから新聞、テレビ、雑誌などの伝統的なメディアまでを横断した効果的な分析を実現するため、戦略的なパートナーシップを締結したと発表した。

 今回のパートナーシップの対象となるWPPのグループ企業には、G2、OgilvyOne、RMG、Schematic、24/7 Real Mediaなど、各国のエージェンシーが多数含まれる。また、このパートナーシップの一環として、WPPはOmniture普通株式へ2500万ドルに上る長期投資を行う。

 WPPとOmnitureは、共通の顧客への分析ソリューションの開発提案、データや製品の統合を含む技術やソリューションの共同開発のほか、WPPグループ企業へOmnitureコンサルタントの派遣を行い、初年度にはWPPの500名以上の社員にOmniture製品に関するトレーニングを実施する。両社は今後12~18か月以内に、WPPのマーケティング技術やデータ、インサイト、情報関連製品をOmnitureの統合マーケティングプラットフォーム「Omniture Genesis」に統合させることで合意している。

【関連記事】
米Omniture、「SiteCatalystウィジェット」を提供
米オムニチュア3Q決算、売上高は前年同期比から倍増
米Omniture、08年第2Q売上高は前年比114%増で過去最高、新規顧客の平均契約額は74%アップ
WPP Groupが、インタラクティブ広告代理店Schematicを買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/04 14:37 https://markezine.jp/article/detail/6485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング