SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

節約・倹約につながるもの1位は「ポイントサービス」、20代・30代「不用品を売って稼ぐ」

節約対象1位は「外食」と「衣料品」

 楽天リサーチと楽天オークションは、4月に「節約・倹約」についてインターネット調査を行い、全国の20~69歳の男女1000人の回答をまとめた。節約・倹約に対する意識については、全体の7割の人が「意識が高い」と考えており、年代が上がるほどその傾向が強くなっている。日ごろ出費を抑えているものは、「外食費」「衣料品」が6割を超えて最も高く、「食費」「水道光熱費」も約半数が出費を抑えていると回答している。

日ごろ出費を抑えているものについて(n=698)

 節約・倹約につながると思うもので1位となった「ポイントサービス」は、そう考える人の9割以上が実際に利用している。「フリーマーケット」や「リサイクルショップ」は、「節約・倹約につながる」と考えてはいるが、実際の利用率はともに大きく下回っている。

節約・倹約につながるものとして実際に利用しているもの(n=933)

不用品の処分、意識の違いが行動の違いに

 家庭からでる不用品の処分方法で最も多いのは「ゴミとして捨てる」だが、節約・倹約に対する意識別に分析すると、「ゴミとして捨てる」という回答は意識が低い層に多く、「ネットオークション・リサイクルショップで売る」という回答は意識が高い層に多くなっている。

家庭の不要品の処分方法(n=1,000)
「節約・倹約」意識別の処分方法

 ネットオークションやリサイクルショップを利用する理由として最も多いのは「少しでもお小遣いを稼ぎたいから」で、年代別では20代に最も多く83.5%、次いで30代(82.7%)、40代(66.3%)と年代があがるにつれてその割合は低くなっている。また、節約・倹約の意識が高い人ほど「エコの観点から」の利用が多く、低い層とは25ポイントもの差が出ている。

 また、インターネットサービスを利用した「副業や副収入」への関心について聞いたところ、75.9%が「副業・副収入」に興味をもっているが、実際に収入がある人は11.1%にとどまっている。

【関連記事】
いつまでも「巣ごもり消費」じゃいられない、節約派も高齢者も「体に投資」
英国ネットユーザーに人気の“節約のエキスパート”、検索数でオバマ氏を上回る
ガールズオークションがアパレルメーカーも出品可能なシステムを整備

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング