SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

竜王戦、初の携帯リアルタイム中継を実現

 サクセスネットワークスが運営する携帯サイト「将棋道場」は、携帯電話での対局だけでなく、パソコン‐携帯間でも対局できるサービスを提供。今回、竜王戦を主催する読売新聞社と連携して、「竜王戦△将棋道場」を提供し、「竜王戦」を携帯ではじめてリアルタイム中継する。

数字キーを使った簡単な操作で対極の流れを追うことができる

 フラッシュの技術を使った中継ページでは、数字キーを使って初手から最新の局面までの流れを追うことができるほか、ポイントとなる局面には解説もつく。また、1日目の終了後に封じ手(2日目の最初の手)を予想する「懸賞付きのクイズ企画」も予定している。28日から利用できるのは、ドコモのみで、KDDI、ソフトバンクでは10月1日から利用可能になる。

 竜王戦は、読売新聞社が主催する将棋界最高のタイトル戦で、優勝賞金は将棋界最高の3,900万円。竜王と挑戦者の七番勝負は10~12月に行われ、先に4勝した棋士が新たな竜王となる。現竜王の渡辺明竜王は、昨年、互いに「永世竜王」の資格をかけた羽生善治名人との熱戦を大逆転で制し、史上初の永世竜王の資格を得た若手棋士の代表格。一方、今年挑戦者となった森内九段も、史上5人目の永世名人の資格を持つ羽生世代を代表する棋士。今回は、永世竜王と永世名人による初のタイトル戦となる。

【関連記事】
BIGLOBE、高校野球全試合をアニメでリアルタイム中継
携帯チラシサイト「シュフモ」がドコモの公式サイトに
携帯レシピサイト人気NO.1は「味の素簡単レシピ」 でも一番頼りにしてるのは「頭の中にあるレシピ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/28 13:07 https://markezine.jp/article/detail/8461

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング