SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ドラマと企業CMを合体」朝日放送と電通が挑戦

 朝日放送が電通とタッグをなし、テレビドラマとCMを融合させた、プロダクトプレイスメントと呼ばれる広告手法を試している。プロダクトプレイスメントとは、テレビ番組や映画の中で企業の商品を登場させる宣伝広告の手法だ。

 1月から放送された関西地区のみのローカル番組となる深夜ドラマ「H-code(ハンター・コード)」では、スポンサーとなるトヨタ自動車を、番組のテイストにあった車種を選定し、第1~8話で登場させた。また3月10日に放送された第9話ではスペシャル版として、台本の段階からスポンサー企業を募り、トヨタ自動車とサントリー、ソニーマーケティング3社の協賛が決定した。

 プロダクトプレイスメントは場合によっては、番組の途中で不自然にスポンサーの商品が登場してしまい、視聴者が違和感を覚え、番組がつまらなくなってしまうというリスクがあった。しかし朝日放送と電通は今回、番組のテイストにあったクライアント商品を自然な形で露出している。商品の特徴を自然に、効果的に視聴者に訴えるのが目的だ。

 プロダクトプレイスメントは以前から、映画やドラマで用いられてきたが、今回のようにドラマの企画段階からスポンサーを募り、番組のテイストにあわせて行う手法は稀だ。はたして今後、クロスメディアとして確立するか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:33 https://markezine.jp/article/detail/888

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング