SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブライトコーブ、新しい動画フォーマット「WebM」のサポートを発表

 「WebM」はオープンソースのVP8ビデオコーデックで、WebMのサポートによって、多様化するWebブラウザ、オペレーティングシステム、モバイルデバイスなどに向けて動画を配信する際のコストと複雑さが軽減される。WebMは先日行われた「Google I/O」デベロッパカンファレンスでオープンWebメディアプロジェクトとして公表された。

 ブライトコーブは、Adobe FlashおよびHTML5向け動画配信の標準エンコードオプションとしてH.264とWebMを提供する。将来的には、アップロードされたすべての動画コンテンツに対し、両方の動画フォーマットを自動生成し、ひとつの埋め込みコードをサイトに挿入するだけで、デバイスやブラウザの視聴環境を検知して、最適な視聴体験を提供することが可能となるとしている。

【関連記事】
ソフトバンクと米Ustreamが「USTREAM Asia」設立
ニコニコ生放送の視聴&配信が可能なiPhoneアプリが登場
ブライトコーブ、スマートフォンにFlash動画配信「Brightcoveモバイルエクスペリエンス」
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング