SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界初の試み「Google Earth内にニュージーランド政府観光局のオフィシャルレイヤー登録」

 多くの人がGoogle Earth(グーグルアース)を一度は利用したことがあるだろう。Google Earthは、Googleの検索技術と衛星航空写真、地図、地形や3Dモデルなどを組み合わせて、世界中の地理空間情報を簡単に検索できるソフトウェア。日本にいながら地球の裏側の詳細な衛星写真を見ることができる。2005年のサービス開始以後、ユニークユーザーは約2億人に上っている。

 このGoogle Earth内に、観光業に携わる公的機関では、世界で初めてニュージーランド政府観光局のオフィシャルレイヤーが登録された。これにより、ニュージーランド政府観光局が情報提供する現地の観光センター、街の観光スポット、景勝のハイライトなどをGoogle Earth上で表記し、現地の旬な情報を世界中に発信することができる。また、ニュージーランド政府のオフィシャルWebサイトへリンクをしており、より詳細なアクティビティー、施設そして交通アクセスなど、多岐に渡る情報が得られる。今後はユーザーが休暇のプランを立てる際、バーチャルにニュージーランドを訪れることができ、ニュージーランドのリアルな感覚を得ることができそうだ。

関連サイト:ニュージーランド政府観光局オフィシャルサイト
一般観光情報(日本語)  
メディア用サイト(日本語)
旅行業界用サイト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:40 https://markezine.jp/article/detail/1121

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング