SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

共同購入型クーポン認知率はPC・モバイルともに4割
人気は「グルメ」に集中

 「共同購入型(商品を購入する人が増えるほど割引額が大きくなる共同購入の手法を取り入れた)クーポン」を運営する日本語サイトは、9月時点で80を越え、急速に関心が高まっている。medibaは10月中旬に、同社保有会員のうち全国の20~59歳の男女にモバイル調査を行い、1600人から有効回答を得た。

 パソコン版の共同購入型クーポンサイトの認知率は42.1%、登録率は8.3%、購入率は2.6%で、男性では年齢が高くなるほど認知率が高い傾向にある。また、他の年齢と比べて、男性50代と女性20代が登録率および購入率ともに高くなっている。

【パソコン版】登録している共同購入型クーポンサイト

 携帯版の共同購入型クーポンサイトの認知率は39.9%、登録率は8.8%、購入率は2.2%で、男性では年齢が高くなるほど認知率・登録率ともに高くなる傾向が見られた。

【携帯版】登録している共同購入型クーポンサイト

 共同購入型クーポンの購入ジャンルは「グルメ」が最も高く、パソコン版で73.2%、携帯版で68.6%となっている。

共同購入型クーポン購入ジャンル

 また、非購入理由については、パソコン版では「利用する必要性がないから」「仕組みが分からないから」がそれぞれ約19%、携帯版では「利用する必要性がないから」が24%に達している。また、女性では「サイト登録時や決済時のセキュリティー面が心配だから」の項目が高くなっている。

【関連記事】
消費者を後押しする三大要素は「値下げ、送料無料、クーポン」【グーグル調べ】
50以上のサービスがひしめくクーポン共同購入サイト、この2か月で利用者5.4倍
米グルーポンがクーポッド買収、日本でのサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/04 12:50 https://markezine.jp/article/detail/12330

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング