SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強

 東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2010」は、首都圏の大学に在籍する大学生1~4年の男女を対象に今年7月に調査を行った。調査対象は、駒澤大学、上智大学、成蹊大学、専修大学、東洋大学、早稲田大学。有効回収数は1239票(このうち816票を集計)。

 その結果、現在の大学生のツイッター利用率は23.4%で、登録していない人は6割を超えている。使っていない理由としては、「興味がない/なくても困らないから」「常に更新しないといけない感じがする/面倒くさいから」などがあがっている。

ツイッターの利用状況

 この調査では、ツイッターと区別してSNSについての調査も行っており、mixiなどのSNSについては、大学生は非常に親和性が高くなっている。SNSを利用している人は7割を超え、登録していない人は約2割となっている。

SNSの利用状況

 最も利用者の多いSNSは「mixi」で96.6%と圧倒的な強さを見せている。続いて「モバゲー」(18.4%)、「GREE」(14.3%)などが続いている。SNSでの交流メンバーは「同じ大学の中のいい人」という回答は9割近くにおよび、「小中高などの地元の人」「同じサークル・部活の人」が続いている。

大学生が利用しているSNS

 また、「SNS上での話を実際の会話でも出す」と答えた大学生は86.8%に及んでおり、交流を広げるというよりは、普段よく会う仲間内とのコミュニケーション手段としてSNSを活用している様子がうかがえる。

【関連記事】
ツイッターでのリーチで「piku」が「グルーポン」を上回る
ヤフー「2010検索ワードランキング」、「Twitter」「Facebook」も躍進
mixi、友人「0人」でもmixiアプリを利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング