SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

女性誌購読者、ネット利用時間は少ないが、ネットショッピング利用金額は非購読者を上回る

 大日本印刷とエムズコミュニケイトは、 主婦の友社とともに女性誌の強みについて、テレビやインターネットなどのメディアと比較する調査を3月に行った。調査対象は、15~34歳女性4000名。その結果、15~34歳女性の約半数が女性誌を3か月に1冊以上購入しており、女性誌の購読者は非購読者層(書店などでの閲読者も含む)にくらべて、多様な商品・サービスに関心が高く、消費行動も活発であることがわかった。

 女性誌の購読者と非購読者を比較すると、購読者が1か月に使う金額は、ファッション、化粧品で約2倍、バッグ・靴、ジュエリー・アクセサリーにおいては2倍以上。また、以下のグラフを見ると、購読者は、PCおよび携帯のインターネット利用時間がやや少ないが、1か月に使うネットショッピング金額は上回っている。

インターネット利用時間
(1日あたりのPCおよび携帯インターネット平均利用時間 (単位:分))
ネットショッピング利用金額
(1か月あたりのPCおよび携帯インターネットでの平均利用金額 (単位:円))

 女性誌の購読者は、「掲載商品のイメージがよくなる」「自分の生活やライフスタイルに影響を与える」などの点において、他のメディアとくらべて女性誌を最も評価。一方、「知りたかった商品についてより詳しい情報が得られる」など検索性や利便性に関する設問についてはインターネットが、「皆で盛り上がる情報がある」など話題性に関する設問についてはテレビが高い数値を示した。

【関連記事】
フェリシモと集英社、通販カタログと少女漫画誌を合体
大日本印刷、雑誌の広告効果測定サービスを来年1月に開始
“オトナ女子”のためのおトク情報サイト「東京バーゲンマニア」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/15 12:30 https://markezine.jp/article/detail/12868

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング